保育室より

あたたかな食事の思いで  ベル・ナーサリー・アスール 管理栄養士 大畠 真亜子

更新日:2019/12/25


♬あわてんぼうのサンタクロース♬

子どもたちの元気な歌声がキッチンまで聞こえてきました。

♪真っ赤だな 真っ赤だな♪ 少し前まで秋の歌を歌っていたのにと、子ども達の歌声でも季節の移ろいを感じています。4月に離乳食を食べていたベル・ナーサリー・アスール雪組の子ども達も、今では完了食・幼児食に移行しました。時折ランチルームにある子ども窓から顔を覗かせ、手を伸ばすような仕草をしたり口をパクパク動かしたりと食べ物に興味を持つ姿を見せてくれます。

今年のクリスマスの献立は、子ども達が心待ちにしていた一日を、楽しく過ごせるようにと考えました。

毎年大きい花組さんにアンケートをとり、リクエストの多かったメニューを3月の献立に取り入れていますが、カレーライスはスパゲッティミートソースと並んで毎回リクエスト上位になる、子ども達が大好きなメニューの一つです。サラダには、もみの木の緑色や白い雪などをイメージしてブロッコリーとカリフラワーを取り入れました。これらは今の季節に旬を迎える野菜でもあります。

進級の際に保護者の方に提出していただいている「健康状況調べ」の中に“苦手な食べ物はありますか”という質問があります。その回答で一番多いものは、実は「野菜」です。これは3園のどの年齢のクラスでも同じ結果でした。保育園のランチでは、旬の野菜を取り入れるようにしていますが、その中には子ども達にとっては食べ慣れないものも多いため、好きなメニューと組み合わせたり柔らかめにゆでたりと少しでも食べやすくなるようキッチン職員も試行錯誤しています。季節感のある野菜に彩られた今年のクリスマスの献立が、子ども達にとって楽しい思い出の一つとなってくれていたらとても嬉しいです。

 私が子どもの頃、クリスマスには母がチキンと、ツリーのように盛り付けたポテトサラダを用意してくれました。大晦日には年越しそばを食べ、お正月は祖父母の家に行き、次から次へと運ばれてくる祖母の手料理をお腹いっぱいになるまで食べました。その時の食卓の風景、満腹感や「おいしかった」という気持ち…大人になった今でも、思い出すと胸がじんわりとあたたかくなります。

行事の際の食事に限らず、普段の食事の時間を振り返ってみても、そこにはいつも家族や身近な人の笑顔がありました。一緒にいて安心できる人との食事が、その食事を何倍もおいしく、楽しいものにしてくれるのではないでしょうか。実際に、緊張した状態での食事は唾液の分泌が抑えられ、消化が悪くなるとも言われています。あたたかな雰囲気の中での食事の経験は、きっと子ども達の心も体も大きく成長させてくれるでしょう。 

保育園の食事の時間が、子ども達にとって安心できる時間の一つとなるよう、これからも心を込めてランチ・おやつを作っていきたいと思います。

プレスクール・ベル まん中の花組(4歳児)

更新日:2019/12/12


実りのケーキ

実りの秋は、美味しい食べ物がたくさんある季節です。

「七五三のお祝いに、りんご、かぼちゃ、さつまいもが入ったケーキを
作りました。よく味わって食べてくださいね。」

ベル・ナーサリー・アスール 雪組(0歳児)

更新日:2019/10/26


楽しい食事

「もぐもぐ」「かみかみ」「おいしいね」・・・。
ゆったりとした雰囲気の中、自分の手やスプーンを使って食べることを楽しんで
います。
 ランチの前の絵本の読み聞かせ、旬の食材に触れる時間、楽しい気持ちが食欲に
つながります。

ベル・ナーサリー 雪組(0歳児)

更新日:2019/08/07


「もぐもぐ、おいしいね。」

いっぱい遊んだ後は、お腹がすくね。
美味しいランチを心待ちにしています。
1歳のお誕生日を迎えました。
もう、手やスプーンを使って食べられます。

プレスクール・ベル 小さい花組(3歳児)

更新日:2019/06/28


あじさいゼリー

紫陽花の花びらをグレープゼリーで、葉っぱは野菜ジュース寒天で作りました。
「お庭に咲いているあじさいの色と同じね。」
「プルプルしているよ。」
可愛らしいおやつに大喜びの子どもたちです。

ベル・ナーサリー・アスール

更新日:2019/06/05


栄養士いちねんせい 笑顔でスタート
            ベル・ナーサリー・アスール 栄養士 坂本春奈

4月から栄養士として働いています。配膳の時に子どもたちが「今日のご飯なに?」と話しかけてくれたり、離乳食を持っていくと笑顔でこっちを見てくれたりします。また、作ったランチが残さずきれいに食べてあるのを見ると、とても嬉しく
やりがいを感じます。仕事は初めてのことばかりなので不安なことも多いですが、子どもたちの笑顔や元気な姿に勇気をもらい、明日への活力が生まれてきます。
先輩の先生方からたくさん学び、早く一人前の栄養士になれるよう頑張ります。



ベル・ナーサリー・アスール キッチンより

更新日:2019/02/28


「みかん島のみかんクッキー」

 Bell祭では、キッチン職員より子どもたちにおやつのプレゼントをしています。

プレスクール・べルの大きい花組は劇、アスールの大きい花組は共同制作、同じ教材でそれぞれ「エルマーのぼうけん」を表現しました。

子どもたちは、繰り返し絵本を読んで、物語の中に出てくる「みかん島」についてたくさんのことを想像しました。

 私たちキッチンの職員は、そのみかん島にちなんで、手作りのみかんジャムをのせた、クッキーを作りました。親子でBell祭のお話をしながら、一緒に召し上がって頂けたらという思いを込めて焼いたクッキーです。

プレスクール・ベル 小さい花組(3歳児)

更新日:2019/01/11


食器のお片付け

「ランチの先生、ごちそうさまでした。」
全部食べたことを嬉しそうにお話してくれます。
お皿の形や大きさを見ながら、小さい花組さんも自分で片付けを始めました。
割れないように両手でしっかり持って、丁寧に運んでいます。

ベル・ナーサリー 月組(2歳児)

更新日:2018/11/29




きのこにはいろいろな種類があります。



きょうのランチにはきのこがはいっています。
ちょっと さわってみましょう。

ベル・ナーサリー 雪組(0歳児)

更新日:2018/11/29


離乳食から完了・幼児食へ

食事の介助に入る時間は、私たち栄養士にとっても子どもたちの成長を感じることができる嬉しい時間です。
よくかんで、じょうずにたべられましたね。
1 2 3
pagetop